理解することと問題を解くことに関して違う視点から

 泉野塾塾長です。

来週は高校は中間テスト週間にはいります。
「理解することと問題が解けるということは別物だから」という話が必ず出ます。

これは事実だと思います。

そして、この言葉は「どれだけ理解しても問題を解けるようにはならない、だから練習しなさい。」

という意味でしか使われません。そしてそれを全面的に押し出しているのが残念ながら我が塾業界です。

私は違った視点からこの事実を見ています。

  「 問題が解けたからといって理解できているとは限らない」  という視点からです。

理解したと思ったら解いてください。解けなければ理解できていないということです。

そして、どの問題をどの程度練習するかは各人に任せるべきです。

ここは目的意識を持って自分自身でやらないと意味がありません。

それぞれが独自の目的を持ってメリハリをつけて学習することが重要だからです。

ところが問題集をとにかく解け解けという教育関係者が多いですから、言われるがままに機械的に何回か解説を見ながら解いていると、知識の理解ができていなくてもその問題が解けてしまうのです。

結果として、解説を見て覚えて正解して満足して、おしまい。一週間で忘れて、ほぼ何も得ていないという状況が少なからず生まれてくるわけです。テスト直前に問題集さえ解いておけばいいやという感覚だけはしっかり身につきます。(笑)

それで少し捻られると手が出ないのはある意味当然です。こういう勉強している高校生の多いこと。

その証拠に高校生が問題集を解いているところをご覧になってください。

自分で解いて、丸をつけています。マルです。こういう方向性で解いたというメモではなく。

これでは解けたという事実だけの満足記録です。

定期テストの点数はすぐ伸びます、特に数学は数問の典型問題を押さえるだけです。

ただ、それだけではもの足りません。楽しい。もっと力をつけたい。

ここまで行きたいのです。


前に本ブログで、危ない100点があると言ったのはこういうことです。

かなり以前、3年生の10月の全統記述の数学で私の担当している受験生が2人、数学で200点取ったことがあります。文系です。

答案も見ました。満点でも見ます。

明らかに知識の理解度が異なるのに同じ満点です。

しかし1人は明らかにあぶないのです。2人ともこれがまた志望校、学部まで同じでしたので鮮明に覚えています。

どこが違うのかと言いますと、理解して解いているのかどうかです。模試レベルですと多少の論理の飛躍があっても減点しません。入試では点数が貰えないだろうというところでも減点されていません。

普段から授業で理解度を把握していたこともあり、満点を取らないほうがよかったと思ったのも覚えています。

それじゃあダメなんですよ。数学が理系並みの難しさで有名な大学です。お分かりになられる方はわかると思いますが、右から左に知識を当てはめてハイ出来上がりでは苦しいのです。

結果は予想通りです。当たって欲しくはなかったのですが、1人は合格1人は涙をのみました。

模試でずっとA判定で入試の感触も良かったのにだめでしたという人の多くはこれです。


1番まずいのは満点取るとそのままでいいと思ってしまうのです。周りも当然「この調子で!」と言いますね。

内容も良ければ私も同じことを言います。

ただ内容が伴っていない満点の人には「典型問題は仕上がっているし、ミスもないのは素晴らしい、でも今のままでは苦しい。難しい問題で粘る練習もしましょう」と言います。

点数が取れているかどうかにだけ気を取られる。点数は取れますが、自分ができる問題だけしかやりやりたがらない受験生は絶対に苦戦します。

そういう試験です。入試では点数を取ってください。そのためにはどうしても深い理解、知識で遊ぶ心が必要なのです。

実際の大学入試の問題と模試は全然違います。一度ご自分の目でご覧になってください。


点数が取れているということと深く理解ができていることは別です


自分の出した結果に満足せず、自分の可能性を信じてさらなる高みをめざしていただきたい。


 それを言って納得していただける人間であるために、私もボケないように(笑)毎日精進しないといけません。
責任重いです。ハイ。












画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック