英語民間試験導入延期について思うこと

8A662E50-402E-4182-8D45-15DE12FA3AD9.jpeg

泉野塾 塾長です 。

驚きました。今回の大学入試改革の目玉である英語の民間試験導入が延期になりました。

言いたいことは山ほどありますが、とりあえず良い結果になりました。

そもそも今回の民間試験の導入の趣旨は、急速なグローバル化に対応するためには4技能。

なかでもスピーキングの能力が必要であるが、それは一斉入試では実現が困難である。

したがって民間試験の導入が必要である。というものでした。

胡散臭いにも程があります。

現在、日本のグローバル化が急速に進んでいる事実が本当にありますか? 

仮にあったとしてスピーキングが必要である根拠は何でしょう。

グローバル化で必要なのは英語を流暢に話すことではなく、論理的思考力とグローバルな倫理観でしょう?

100歩譲ってスピーキングが効果があるとしても、大学入試で全員に課す必要性がどこにありますか。

コミュニケーションに必要なスピーキングスキルは必要に迫られた時に学習すれば成人後でもむしろ成人後の方が短時間で身につくという研究もあります。


延期というよりむしろ凍結すべきだと私は思います。

 理念なき改革で成功した例は皆無です。


そのうえ今回の延期の理由がひどいものです。

yahooニュースによりますと「2年前ルール」のためだそうです。

2年前には間に合わないことは初めからわかっていたはずです。

そうではないでしょう?

文科大臣の「身の丈に合った受験」発言がなかったならば果たして延期になっていたでしょうか?


一言言わせて頂きたい。


若者の未来に影響を与える入試制度改革を軽々しく「政争」や「営利」目的で利用するな!!


ジェントルマンの私がこれくらい言葉を荒げるくらい本気で腹立たしいのです。多少の言葉の品のなさはご容赦ください。



公立高校がベネッセや予備校の様な進学に関して営利目的の社員を講師として招き講演させるのもいったいいかなる意図なのか私には理解不能です。

こういう状況では受験産業が幅を利かせるのはある意味仕方のないことなのでしょうか。

しかし、ベネッセに大切な大学入試の採点を落札という形で国が任せることを何人の国民、特に受験生が納得しますか?

以前にも書きましたが共通テストがプレテストのままであるならば、問題自体のクオリティが低いことに加え、その採点を学生アルバイトに任せる。

納得できますか。


A88AE301-6725-4BE2-9674-29571AC55204.jpeg
(日本経済新聞 電子版 2019 8/30の記事より)

共通テスト全体のあり方をこの機会に根本から見直して頂きたいと思います。


 私も塾を営んでおりますので営利も当然目的にしています。しかし、

  教育関係者は「公共性」の意識を常に持ち、自分の言動が若者に多大な影響を与え得るものであるという自覚を持つべきである。


と、いう意識が頭から離れることはありません。覚悟を決めて高校生と日々接しています。 




 私は自分のできること、受験生、高校生のサポートを精一杯するだけです。

 




 





 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント