国語力について

D69D3E1C-3774-4D22-B95C-8BFDD9CA36DD.jpeg

泉野塾 塾長です

国語力はどうやったらつくのか?

という相談は常にされます。

語彙の問題だと切り捨てる方がいます。接続詞に着目とか、そういう小手先の技術論に終始する方もいます。

読書量の少なさにその原因を求める方もいます。

確かにそれらも一因かもしれません。しかし、大学入試的にはあまり関係ないと思います。

それでは何が大事なのかと言いますと

書いている人への共感と敬意。共感と言っても同意することではありませんし、敬意と言っても尊敬するということでもありません。

筆者が何を言いたいのかを自分の価値観を一旦保留して理解することに集中することです。それが共感と敬意です。

その際には自分の身近な経験に照らし合わせてみることです。

自分が理解できない難解な文章が問題文で出されたとしましょう。

そのほとんどが難解なのではなく、単に興味がないテーマに関するものです。

特に今の高校生にその傾向が顕著です。

興味がないものに近寄ろうとしない。私が質問をすると、その質問の意味が分かりませんと言われますから。(笑)

まず自分が移動して筆者の視線の真正面に立ち、その筆者が伝えたい事の骨子を理解することに集中することが大事です。 興味があろうがなかろうがです。

知らない語彙がいくつか出てきてもそこが本質であることは稀です。
そこが本質であるならばその語彙を補完する文がずらっと並びます。

技術や知識が不要だと言っているわけではありません。

読む姿勢が1番大事であって、その姿勢があればそれに対応する技術も容易に身につくと言いたいのです。

逆にその姿勢を身につけなければ、本当の技術は身につきません。
そういう意味で、技術がないと文が読めないというのは本末転倒です。

相手の視線に合わせて理解だけすることに集中することは決して簡単なことではありませんが、一旦身につけると、大学入試だけではなく社会の中でも想像以上に高く評価されるものだと思います。

私が考える国語力を身につけるとは、誰が何に関して主張しているかにかかわらず、耳障りの良さに左右されず、その本質を真っ直ぐ見つめる視線を持つことである考えています。

国語の授業でも必ずそれを念頭に置いていますし、少なくとも点数にはっきり結びついています。100%です。今のところ例外はありません。今後もないと思っています。いかにそういう読み方をしている高校生が少ないかですね。

答えを当てにいくのではなく読み解くのです。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント