テーマ:AI

AI先生について④

現在のAIは感情が持てません。Google社のAIが初めて猫を認識するのに1千万枚のネコの動画からの画像データを必要としました。 大学入試の英語長文でもここ数年はAIに関するものが多かったのですが、昨年度はAI万能主義に疑問を呈するものが多く出されています。 例として、島根大学の英語長文で次のような内容のものが出題さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AI先生について③

泉野塾 塾長です。 間に@マルさん(私の妻です。このホームページ作成管理と塾の学習環境の整備をしています)の冬期講習のお知らせが入りましたが(笑) 、AI先生の3番目の背景について思う事を書いてみたいと思います。 一言で言いますと「効率化第一主義」が教育業界には根強くあるということです。 勝手に送られてくる塾の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AI先生について②

泉野塾 塾長です。 引き続きAI先生について思う事を書いてみます。 AI先生登場の背景については1980年代の「第五世代コンピュータ」にまでさかのぼります。 人間の知能を超えるコンピュータの開発を目指し、 当時の通産省が540億円投資して推進したもので、ハードウェアは飛躍的に発展しましたが、それに見合うソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AI先生について ①

泉野塾塾長です。 AIが予備校で講師として導入されています。 すごい発想ですね。 こういう発想が出てくる背景については大きく分けて3つ原因があると思います。 一つはAI「ブーム」であるということ。(以前にも2回ブームがありました。) 要するに、流行です。 そのきっかけはGoogleが買収したデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more